ぬるい日常

ぼちぼち書いてきます 

ガム

ボトルガムの消費が異様に早い

 

一週間に一ボトルは空にしてしまう。

 

なんだろうなこれ

 

いらいらの解消のためにガムを噛んでいる感じがある

 

さて、もうすぐ新学期が始まる

 

皆が就活を意識し始めた。もう三回生になってしまう

 

時の流れは速いものだ

 

就活で個性ある優秀な人間が、均一化されてしまうのを見るのがつらい

 

僕は没個性なので関係はないが、周りがそうなってしまうのはつらい

 

一生、大学二回生のようなふわふわした存在でいたいなあと願うが、それも無理な話だ

 

ふわふわ時間がもうすぐ終わり、社会へと出ていく

 

絶対社会に順応してやるからなという気持ちになっている

 

がんばるか

 

少なくとも自分を信じている人の気持ちだけは裏切らないようにしよう

 

いるかは別として

 

いつもこうだ、他人に自分の存在意義を求めてしまう

 

ないよりはましか

 

猫飼いたい

やる気の波がひどい

 

夜になるとやる気どころか、自己否定感ばかり出てくる

 

さっさと寝て次の日に備えるしかねえ

 

うヴぉあ

 

なんでこんなに鬱気質になってしまったのだろうか

 

まあいいか

 

まあ

 

うん

 

一人になるととたんにこれだ

一人暮らし 雑感

一人暮らし二年目。雑感。

備考

大学生 一人暮らし ワンルーム

ユニットバス

 

大量に肉と野菜を買い込んで調理して冷凍。小分けにしてたべる。楽。

だるいときは納豆、缶詰を交互に食う。

玉ねぎは日持ちがするのでまとめ買いしてレンジでチンして食べる。野菜不足回避。

牛乳より豆乳の方が日持ちするので箱買い。コーンフレークも。

洗濯ものはクーラーの近くに干すと早く乾く。よい。

服は着なかったら捨てる。邪魔。

月に一度友達を呼ぶことで掃除をする理由を作る。これで部屋はきれいになる。

最初は電子レンジと冷蔵庫と机くらいで、後々必要になれば買い足していけばなんとかなる。はじめにこれも必要かもっつっていっぱい買うと物が余るので。

最後にこれ

www.youtube.com

DOTAMAさんすき

 

さいきん

脳直ポスト 支離滅裂

 

大学に入り二年がたった。早い

なんだかんだで、ぬるりとやっていけている感はある。

入った時は本当に死にたかったが。今もだが。

 

いまだにのどに鮭の小骨が詰まっている感じが抜けないのだが困った。

つらいけどまあがんばるか。きつくなったら病院行くか

猫がかわいい。

 

実家にいた方が病んだ気がするが気のせいか。わからん。

実家にいるとき、ほぼまいにち小中高の同級生が夢に出てきた。

同級生は僕よりもできる人間ばかりだったので、みな順調に社会に順応しているんだろうなと思う。比べてもしかたないか。結局全員誰かの下位互換だ。知らんけど。

 

卒業アルバムを読んだ。あの頃はよかった、戻りたいと嘆く程度の思い出なら、すべて忘れてしまいたいとも思うが、あの頃はよかったと縋れるだけまだマシなのかもしれないな。

 

実家に帰るたび地元には介護施設や病院が増えているようで、なんだか街がすさまじい速さで老いていくような、地元から出ている僕だけが置いて行かれている感覚に陥る。

自分の能力以上のものを求めているから苦しくなるのだが、まあ、仕方ないか。逃げたくはいし。強い意思が欲しい。いやまあほしいわな。うん。

 

常にこんなことばっかり考えているからよくないな。もっとおっぱいとか猫とか寿司とか肉のことを考えて生きていきたい。amazarashiとかsyrupや鬼束ちひろみたいなくらい曲じゃなくて、もっとヤバT 岡崎体育 四星球みたいな音楽やお笑い系のコンテンツを摂取して生きよう。

 

疑問に対して疑問を投げても解決しないしな。

 

これはどうでもいい話なんですが、カウンセリングを心の自慰行為と勝手に読んでいる。適当に吐き出してすっきりするだけ。まあ、必要だけどね、辛さの共有も。

 

適当にはいたら楽になったし、現実に戻ろう。

 

プールの後の授業のうたたねが、一番心地よかった。あの状況になれるドラッグとかないのだろうか。あの感覚が張り付いて剥がれない。

久しぶり日記

クッソ久しぶりに文を書いている
あれからいろいろなことを始めて、それぞれうまくいってないけど、昔よりはマシになったかな、と行った感じ。

死にそうになりながら前に進むしかないなあ。前に進まなければ死ぬマグロのように生きていきたい。あと肩こりと腰痛と生活習慣を治したい。おわり。


六月の空を僕は見上げて

一時期狂ったようにamazarashiばっか聴いてたけど、最近は別のバンドをよく聴くようになった。たぶん僕にとってamazarashiの曲は薬みたいなものなので、また死ぬほど落ち込んだりしたら永遠に聴いてそう。光、再考 ジュブナイル 季節 逃避行 つじつま 千年幸福論 ミサイル 風に流離い ヒーロー
この辺りを大体ループしてそう

あと最近Apple Music契約したのだが、なかなかこれが良くて新しいジャンルの開拓にすごく役立ってる。これもあってかamazarashiを聴く機会が減った。
fox capture plan
MOROHA
ADAM at
DOES
この辺りをリピートして聴いている。
これについてはまたおいおい書こう。

そういえばもう六月だ。また、夏が来てしまう。ラジオ体操、プール、部活、ゲームキューブ、カードゲーム、友達や先輩後輩と食べたアイスとか、体育館の匂いや、予備校、塾、図書館のクーラーの効いた中での勉強、地元の祭りの記憶、クソ暑いのに膝に乗ってくる猫、墓参り、終わらない課題、嫌な記憶、楽しい記憶がフラッシュバックしてくる。

きっとあの時よりも楽しい夏なんてもうこないんだろうけど、とにもかくにも、そんな美しき思い出を引きずって、流れ着いた今日を生きていこう。