ぬるい日常

ぼちぼち書いてきます 

ストレスのキャパシティの話

 どうやらストレスが限界に達していたようで、ちょっとした失敗がだめ押しになり、とうとう体に異常が出た。視界にノイズが走り、顔がほてり、吐き気、脂汗ダラダラになりトイレにこもった。幸い、倒れる寸前で自力で保健室まで行き事なきを得たが、倒れて救急車で運ばれていた方が、一時的ではあるがストレスの原因から逃げられたかもしれないなあと考えると少し惜しいことをしたかもしれませんね。眠れない→ネットを見るのサイクルも良くなかったかもしれない。まあでも、ストレスが限界に達した時の体の挙動がわかったのは割と勉強になったかなあという感じ。あとは診療内科を勧められたので、一度行ってみよう。あまり薬に頼りたくはないがそうなってしまったらその時だ。

お題

今週のお題「自己紹介」

他人より少し友達が少なく、他人より少しネットにいる時間が長いだけの一般学生

杞憂

 なんだかんだで、悩んでいた事の1つは杞憂であったことがわかり、少し心が軽くなった感じがする。このまま全ての悩みが杞憂で終わればいいのになあと思う。
所詮親のすねかじり学生の悩みなんて、自力でなんとか解決できるレベルのものであるのだから、無理に気構えるほどではない。肩の力を抜こう。

 最近わかったのは、好きな曲を聴きながらコーヒーを飲むだけでだいぶ心が安らぐと言うことだ。コーヒーメーカー、フィルター、豆、一式合わせamazonで3000円ほどで、この安らぎが得れるのは大変コスパが良い。タバコや酒に比べて金もかからず健康被害も少ないのも利点だ。

 僕にとって音楽は宗教みたいなものなのかもしれない。アーティストはどこかの神様のように僕を救ってはくれないが、曲を聞いて僕自身が勝手に救われることはできる。そんな気がする。もう今日は寝よう。

最近の話

本当にしんどい
バイトはアホみたいに入れられるし、大学が始まり嫌でも人間関係や役員の仕事、その他諸々のせいで圧迫されている。

桜を見に行ったりうまい飯を食べたりなど適度にガス抜きをしているが、これでは間に合わない。こんなことをするよりも、今すべきことをするほうがマシになるのではと思った。

ピンポンのアクマの言葉を借りるなら、血反吐吐くまで全力にならなくてはならないのかもしれない。そうすれば、少しは楽になるだろうか。

とりあえずは、半年ほど前に始めた方のバイトを辞めるかシフトを減らす相談をしようと思う。時間が1番取られているのがこのバイトであり、そのせいで行動が制限されている。つらい。週二以外は入らないときっぱり断り、それがダメならもう辞めようと思う。幸い、掛け持ちしている楽な方のバイトの給料だけでなんとかやっていけそうであるし。

いろいろつらいが、友人、家族、音楽、ネットになんとか助けられている感じではある。無理せず、逃げずに、死なないように、頑張ろう。

最近の話

春休みがそろそろ終わる。バイトをしたり、ゲームしたり、友人と会ったり、amazarashiのライブに行ったり。部活しかしてなかった中学高校時代や受験期とくらべれば最高に充実していたのかなとは思う。

 

本当に月日が過ぎるのが早い。特にここ一年は脳が麻痺していたような感覚で一年間の記憶があまりない。何か行動するにも常に謎の不安が付きまとっていた、その理由はわかっているがどうしようもないしこの場で書く程ものでもない。というか、書いたら原因が何かを明確に認めることになり、それは自分の本当に浅ましく汚い部分を認めることになる。それが自分にとって本当にみじめで嫌なことであるから、書きたくないのだと思う。今はそれでいいと納得し、時間が解決してくれると願い日々を生きることが最善策なのではないかと、折り合いをつけるしかない。

 

最近は、amazarashiのヨクトの『誰かのせいにするのなら その誰かに生かされてるんだ』というフレーズが頭に離れない。きっと自らの行動の起こせなさ、やる気のなさの理由を他所に見つけて、自分は悪くないと言って怠けているからだろうなあとは思う。結局こうやって思考を可視化しても行動できないんだろうなあと。そんな嫌な面とも向き合って、自分で自分の行動パターンを予測して、自己管理のできるような人間に少しずつでもなっていきたいなあというのが当面の目標です。

 

煙草を少し吸いました。今まで絶対に吸わないと思っていたのに。案外吸ってみると大したことないといった感想。といっても肺喫煙ではなく口腔喫煙、いわゆるふかし。おかげで今まではすこしでも煙草の煙をかぐだけで嫌悪感を感じ非常にイライラしていましたが、そういうことがなくなり、結果としてストレスが減ったのかなと思う。一日一本吸うか吸わないかの頻度です。そのうち飽きて終わりそう。

 

久々に自分の思考を文章にして見返すとけっこうおかしい部分があるなあといった感じ。少しずつ直しながら、こんな感じでこれからも書いていこう。

最近の話

なんだかんだで三月も中盤に差し掛かりまして、大学生活を始めて約一年がたつわけでして、月日の流れは早いなあと思う日々でして。

 

しばらくバイトの休みとって徹夜でゲームしたり、実家に帰る約束をしたり、遊ぶ約束したり本を読んだり、amazonプライムで映画見たり、ぼちぼち勉強したりと、そこそこ充実してる。すくなくとも寝て起きるだけの生活をしていた頃よりは。

 

一年前は受験でやらかしてクソ落ち込んでたけどだいぶ明るくなったかなあという感じ。バイトも始めて最低限の会話もするようになったし。

 

人生なんとかなるんだよなあって気持ちを忘れないように生きたいし、そこそこ高級な甘いものが食べたいなあって感じ。明日夜行バス乗る前に駅でパフェでも食べよう。何度乗っても夜行バスは慣れないけど、あの独特な雰囲気が好き。

 

あと最近さぼっていたスケジュール帳に書く日記もいい加減再開しようと思う。物事を続けるのが本当に苦手になってしまった。

 

ありがとうダンガンロンパV3【感想】

ダンガンロンパV3クリアしました。

生き残り予想で当たったの一人だけというあれ

 

とりあえず感想殴り書き

 

 いままでは1章での被害者と犯人がその後あまりクローズアされなかったけど、今作では6章で1章の裁判がキーになるという形でクローズアップされたのがうれしかった。トリックについてはいつものロンパって感じで特に不満もなにもなかった。キャラに関しても無印、2に負けないくらい個性的なキャラ達だった。

 

 特に5章、あれだけは最後まで百田か王馬なのか解らなかったし歴代ロンパの中でも一番面白い章だったと思う。

 

 無印、2のネタを各所に取り入れてくれているのがすごくうれしかった。金箔の刀(模擬刀の)、蛍光塗料(2の一章)プログラム世界での殺人(2の世界)、王馬の圧死(補習)、白銀の最期、トイレの隠し通路、電子ロックのパスワードに11037、モノモノマシーンの景品とか。たぶんどっかで見落としてるのもあるかも。

 

 ゲームシステムと演出に関して、何回やっても発掘イマジネーション、ブレインドライブ、理論武装は何回やっても慣れなかった。新システムの議論スクラム、パニック議論、偽証の雰囲気はすごく良かった。裁判後、クロと被害者の部屋を調べると固有テキストが出る演出がすごくよかった。

 

 不満点は各キャラの部屋の目印がドット絵だけだったためわかりにくかった。せめてカーソルを合わせた時にキャラ名が表示されるようにしてくれたらもう少し楽だった。育成計画の交友イベントと夜の鍵イベントもギャラリーで開放してほしかった。ストーリーに関しては特になし。

 

全体の考察

 

 赤松が双子であることの伏線の回収がされていないのが気になった、次回作への伏線?

 

前も書いたけど、今回の殺人の動機が自分のためではなくて誰かのためであったのがなんか気になる

赤松、百田はコロシアイを終わらせるため

百田は春川をクロにさせないためというのもあった

獄原は外の状況を知って、全員を殺すことでしか救えないと考えたため

東条は国民ため

真宮寺は姉のため

白銀はダンガンロンパのため

 

この状況を救済しますか?とかエンディング前にいったんメインメニューに戻るような演出、死者の生き返りが可能など、こういう要素を見るとv3世界もプログラム世界だったんじゃないかなあと思いたい。

 

天海の才能は超高校級の生存者だったから一発目の赤松の砲丸から外れたのかもしれない

 

あとは今作のテーマは嘘なので、白銀が言ってたことが嘘であってほしいなあって

見る角度によって答えが変わって、それをどう捉えるかは受け取る側の僕ら次第でどうにでもなるっつー感じで僕のロンパV3の感想でした。

 

おしり