ぬるい日常

ぼちぼち書いてきます 

六月の空を僕は見上げて

一時期狂ったようにamazarashiばっか聴いてたけど、最近は別のバンドをよく聴くようになった。たぶん僕にとってamazarashiの曲は薬みたいなものなので、また死ぬほど落ち込んだりしたら永遠に聴いてそう。光、再考 ジュブナイル 季節 逃避行 つじつま 千年幸福論 ミサイル 風に流離い ヒーロー
この辺りを大体ループしてそう

あと最近Apple Music契約したのだが、なかなかこれが良くて新しいジャンルの開拓にすごく役立ってる。これもあってかamazarashiを聴く機会が減った。
fox capture plan
MOROHA
ADAM at
DOES
この辺りをリピートして聴いている。
これについてはまたおいおい書こう。

そういえばもう六月だ。また、夏が来てしまう。ラジオ体操、プール、部活、ゲームキューブ、カードゲーム、友達や先輩後輩と食べたアイスとか、体育館の匂いや、予備校、塾、図書館のクーラーの効いた中での勉強、地元の祭りの記憶、クソ暑いのに膝に乗ってくる猫、墓参り、終わらない課題、嫌な記憶、楽しい記憶がフラッシュバックしてくる。

きっとあの時よりも楽しい夏なんてもうこないんだろうけど、とにもかくにも、そんな美しき思い出を引きずって、流れ着いた今日を生きていこう。