ぬるい日常

ぼちぼち書いてきます 

ガム

ボトルガムの消費が異様に早い

 

一週間に一ボトルは空にしてしまう。

 

なんだろうなこれ

 

いらいらの解消のためにガムを噛んでいる感じがある

 

さて、もうすぐ新学期が始まる

 

皆が就活を意識し始めた。もう三回生になってしまう

 

時の流れは速いものだ

 

就活で個性ある優秀な人間が、均一化されてしまうのを見るのがつらい

 

僕は没個性なので関係はないが、周りがそうなってしまうのはつらい

 

一生、大学二回生のようなふわふわした存在でいたいなあと願うが、それも無理な話だ

 

ふわふわ時間がもうすぐ終わり、社会へと出ていく

 

絶対社会に順応してやるからなという気持ちになっている

 

がんばるか

 

少なくとも自分を信じている人の気持ちだけは裏切らないようにしよう

 

いるかは別として

 

いつもこうだ、他人に自分の存在意義を求めてしまう

 

ないよりはましか

 

猫飼いたい